カテゴリー
最近の活動報告

「第2回 きくがわ高校生まちづくりスクール」を開催しました

7月31日、市民協働センターで「第2回きくがわ高校生まちづくりスクール」が開催され、まちづくりに興味がある高校生14人とサポーター4名が参加しました。

このスクールは高校生の自由なアイデアをまちづくりに生かすために開かれた、全5回の講座です。




第2回の今回はチーム分けを確定した後、まちづくり実践に向けた企画書づくりに取り組みました。

講師の土肥潤也さんは、「なぜ」やるのか企画の根幹である「目的」をチーム全員で共有することが第一だと伝えました。

また、考えるだけでなく実際にやってみせることが重要で、計画の段階で印象(主観)と事実(客観的エビデンス)を分け、仮説と実証を繰り返しながら進むよう指南しました。




高校生は自分達の取り組みたいまちづくりの具体案を紙に書き出し、講師やサポーターと意見を交わしながら考えを深め、企画書を進めました。




参加した高校生は「自分たちの目的を明確にして、取り組むことを決めることができた」「新しい視点を持てた」「初めてのひとにも自分の意見を言えることができ、少し成長できた」などの感想を話しました。